コンサルひつじの日常

コンサルタントへ転職したひつじが生き抜く毎日をお届け。つらい。

今日の四コマ:本の巨塔

f:id:hitsuji2017:20171007234440j:plain



こんにちは、積ん読書家のひつじです。

積ん読(つんどく)ってすごいエスプリの効いた日本語だと思います。私のベッドサイドはAmazonでポチリまくった本でTower of Tsundokuと化しています。

コンサルタントはお客さんの業界を短期間で勉強するので、一気に大量の書籍を購入します。しかし、コンサルタントとしてもスキルアップしたいひつじは、それに加えてコンサルスキル(略してコンスキ)の本も大量に読んでいるため、余計に大変なことになっています。しかも大体ハードカバーで分厚いから、積み上げた時の嵩がすごい。掃除の時にどけようとすると、つま先に落ちてくるリスクがあります。

電子書籍も漫画なら良いのですが、教養本はページを行ったりきたりしながら読む為、どうしても読みにくいんですよね。

本棚を買う、という真っ当なオプションもあろうかと思いますが、何を血迷ったかコミック・新書サイズ向けの本棚を買ってしまった為、ジャンプコミックスしか入りません。

まぁ全部頭にインストールして、売ってしまえば良いですね(Cool!)